前へ
次へ

かつてのパソコンは部屋が1つ必要だった?

不動産投資はわりとリスクが少ないので、サラリーマンでも始めることができます。不動産投資を始めるには投資用不動産を手に入れる必要があります。それには資金が必要になるので、銀行などから融資を受けることになります。不動産投資の中でもサラリーマンに人気なのが、ワンルームマンションの投資です。新築や中古のマンションを購入して、賃貸として貸し出すのです。そして賃貸料をローンにあてることによって、将来的に自分の資産にできます。ローン完済後は賃貸料がまるまる収益になるのです。このような投資法で成功するには、投資用不動産の選び方が重要になります。常に入居者で埋まるような部屋を確保できれば、投資は半分成功したも同じです。

top用置換

Page Top